最新思い出の記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

驚きの2歩目

カテゴリ:思い出

02/09

久しぶりに出会いの話の続きを^^;

前書いたのはゆーさんがまだ甘えてていいかって言ったところまでだったんでその続きから書きます。

僕はもちろん断れませんでした。

でも、僕にも限度があって。。。

高校生が好きな人を抱いて寝る気持ちってわかってもらえますか?

好きだって思ったら頭の中にそれしかなくて(苦笑)

そのあと一週間くらいは我慢しました。

ゆーさんと同じベットにゆーさんを抱いて寝たんです。

(朝起きると体が非常に危険な状態だったのでゆーさんよりずっと早く起きてました^^;)

朝起きるとまだ寝ているゆーさんのでこにkissして。。。

パンの用意をするって感じだったと思います。

でも、一週間以上はたえられなくて、

「ゆーさん、僕もう家帰るよ。」

「え、なんで?」

「ずっと面倒見てもらって悪いし。」

「ホントにそれだけなん?」

「え、どういうこと?」

「お前、朝起きたら誰かのでこにkissすんのは癖なわけ?」

「・・・。」

すごく焦りました。本当に。

ばれてたなんて思わなかったし、朝寝てるのちゃんと確認してるつもりだったんです。

「ね?癖?それとも下心?」

「・・・。」

「それとも向こういたときは男と付き合ってたとか?」

↑この言葉には傷ついたのでちゃんと全部このままです。

「そんなわけないじゃん。このまえまでkeiと付き合ってたんだよ?なんで別れたかわかる?新しい好きな人が出来たからだよ?」

「じゃあ、ホモじゃないん?」

「わからない。」

このあとのゆーさんの言葉で付き合うことにしました。。。^^*

「やっぱ、そんなんどうでもいいし・・・

好きな奴がだれかもわからんけど、

その好きなやつが俺なら・・・

・・・セックスできるかわからんけど・・・

・・・ずっと一緒におって。」

やられました!

もうギューって抱きしめました。

本当に本当に、この人を大事にしようって思いました^^;

かなり省略してここまで書いたのでわからないと思いますが、もうこのときは秋が終わるくらいでした^^;

抱きしめたときにkissしようとしたんですけどゆーさんの緊張がすごくわかって。。。

かなり可愛かったです!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


軽いkissだけにしました^^*


スポンサーサイト

11/15

タイマー投稿2つ目なんですが1つ目は見れたでしょうか?

帰国までまだ時間がかかります(苦笑)


ゆーさんがちゃんとご飯を食べているのか心配です!

平気でご飯抜いたりしちゃう人ですから^^;


また出会いの続きです!

「はじめの一歩」の続きで、僕がゆーさんのこと意識しはじめちゃったとこからですね…(実は書くのかなり恥ずかしいです…///


今まで何も考えずにゆーさんを腕に抱いて寝ることができたのが自分でも驚いた。

その行為自体がなんとなく馴れ合いみたいで、このまま続けると「友達」といった関係になりそうで。

確かに家族のことで不安になってるゆーさんの気持ちもなんとなく分かる。

誰か代わりに近くにいてほしいって考えていることだろうとも。

だからこそ僕はゆーさんを腕に抱いて寝ることを避けたかった。

だって僕は誰かの代わりなんかになりたくないから。

僕がいてほしいって思ってほしかった。

僕はゆーさんに誰かの代わりにされるくらいなら、彼女を作ってもらうほうがまだマシだと思った。


「ゆーさん、一緒に寝るのは彼女のほうがいいんじゃないの?」


ついに言ってしまった。

僕が一番言いたくなかったことを。

答えは聞きたくなかった。

ゆーさんは僕にとって残酷だった。


「ごめん、こうってデカ(デカ兄)に似てるからつい甘えちゃってた…。」


僕はデカ兄の代わりだったってことがすごく傷ついて、ゆーさんと仲良くなったこと自体が間違いだったと思ってしまった。

もうこれは諦めるしかないと思った。

でもゆーさんはもっともっと残酷だった。


「ごめん、もう少し甘えてちゃだめかな?」


僕が断れるわけがなかった。


続く。


って物語風?を意識してかいてみたんですがダメダメですね!

文章変なところとか訂正お願いします!


←ランキングです、ポチッとご協力?お願いします



はじめの一歩

カテゴリ:思い出

10/16

「出会い」の続きです。

ゆーさんと一緒に寝た翌日、僕は何を思ったか…

まだ腕の中で寝ているゆーさんのでこに…

kissを…

すみません、ヘンタイです!!!!!

なんか守ってあげなくちゃいけないような気がしたというか…

はい、ただのヘンタイです(苦笑)

だって、可愛いと思ってしまったんです…

この時はまだゆーさん気づいてませんでした(苦笑)

そして、僕はゆーさんのことが心配だったんで、しばらくゆーさんの家に居候になってました。

で、何度か可愛いと思って本人が気づかないうちに犯行を繰り返すという過ちを…orz

でも、僕にはkeiちゃんという彼女がいたんです。

keiちゃんもゆーさんの気持ちは理解してくれるだろう…だからゆーさんと今一緒にいてもいいよね?ってkeiちゃんに聞いたんです。

あっさり言われました。

「こうもホントに大事な人見つけたんじゃん。別れよう。」

この後、keiちゃんにものすごい説教をされました(苦笑)

「こうは気づいてないかも知れんけど、そこまでずっと一緒におりたいって思うのはゆーさんが心配なんやなくて、こうがその理由にこじつけて一緒におりたいだけやろ!!!」

kissの話をしたら大爆笑されました^^;

「こうそれはもう下手惚れってことやんか!!!」

なんか、納得しちゃったんですよ。

僕ってゆーさんのこと好きなってたんだって^^;

でも意識しだすと、ゆーさんを腕に抱いて寝れなくなっちゃったんですよね…(苦笑)


←ランキングです、ポチッとご協力?お願いします

出会いⅢ

カテゴリ:思い出

10/14

そろそろまた書き出そうかなと^^;

いつも遅くてすいません(汗)

「出会いⅡ」の続きです!


泣いているゆーさんを見てしまって焦って帰ろうとしたら、後ろから抱きつかれたんです。

その時の僕は、ゆーさんとの仲を

「教育実習生=先生 と仲良い」

くらいに捉えてたんで、抱きつかれるなんて思ってもいませんでした。

「ゆーさん、どうしたの?」

「ごめん、何にも言わんで今日泊まってって…」

「いや、そんなつもりで来たわけやないし(汗)」

「今、一人にせんで…」

僕、一人にしないでとかって言葉にかなり弱いんです。

でもこの日は彼女(keiちゃん)と会う約束をしてたんです。

彼女とある人を見舞いに行くと前々から約束していたんです。

不安定なゆーさんか、彼女との約束か…

keiちゃんと付き合い始めた理由は、馴染み深いということとかなり不安定すぎて見放せなかったって理由なんです。

keiちゃんはゆーさんの教え子でもあったんです。

だから正直に言いました。

「keiと今日約束してんだけど、断らんといかんけん、ゆーさんから電話してくれん?」

やっぱりゆーさんをほっとけなかったんです。

今はほっとかなくて良かったってものすごく思います^^;

この日の夜は、1つの布団に2人で寝ました。

僕より少しだけ身長の低い先生を腕の中に抱いて寝るのは変な感じがしたんですが、つい可愛いと思ってしまいました。

この日ゆーさんが泣いていた理由は家庭の崩壊からでした。

ゆーさんの泣いたわけについては続きからお願いします!


←ランキングです、ポチッとご協力?お願いします

出会いⅡ

カテゴリ:思い出

09/16

僕の写メに驚かれた方が多いたみたいですが真相は今度書きますね!

今日はゆーさんが仕事の関係で家にいなくて一人でダラダラしてます(苦笑)


なので今日はだいぶ前に書いた「出会い」の続きを書きます!




高校生の春ゆーさんが教育実習生として学校に来てからは、

兄と僕とゆーさんの3人でよく出かけるようになり、

僕とゆーさん2人で出かけることも増えていきました。

夏休みなんかは、僕だけでしょっちゅうゆーさんのところに泊まりに行ったりしていました。

僕はゆーさんに英語を教え、ゆーさんは僕にくだらない日本語、薔薇とかの漢字(難読漢字中心に(笑))を教えてくれました。

もうゆーさんの家に入り浸ってましたね^^;

そして僕たちの関係が進展したのも夏休み、ゆーさんの家で、でした。

ゆーさんから「すぐ来て」と連絡がありマンションまで行って下で呼び出してるんですけど返事がないんです。

だから前部屋に行ったときに貰って(借りて?)いた鍵で勝手に開けてゆーさんの部屋まで行きました。

何かあったのかと思ってかなり不安でした。

ゆーさんは部屋の床に座り込んで、

無言で泣いていたんです。

泣き声も上げずに。

はっきりいって見ちゃいけないものを見た気がして焦りました。

焦って帰ろうとしました。

そしたら、ゆーさんは僕の背中に抱きついてきたんです。

さすがに抱きつかれたら振り払うわけにもいかないし、身動き取れない状態になってしまいました。


続きはまた次書きますね!


←ランキングです、僕の顔を見てもきてやったよという奇特なかたはポチッとお願いします!

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

ブログ翻訳(強化版)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。